月別アーカイブ: 2023年12月

日本人の英語学習困難点ランキング

  1. 文法構造と語順: 日本語と英語の文法構造は大きく異なります。例えば、英語の基本的な文の構造は「主語+動詞+目的語」ですが、日本語では「主語+目的語+動詞」となります。
    これにより、特に初心者レベルの学習者にとっては、正しい語順での文章作成が困難になります。
    文法構造と語順*: 日本語では「私はリンゴを食べる」が「主語+目的語+動詞」の順序ですが、英語では “I eat an apple” となり、「主語+動詞+目的語」の順序です。
  2. 語彙の順序: 英語では形容詞の順序が重要で、これは多くの学習者にとって挑戦的です。例えば、”fabulous, four, French girls”のような形容詞の組み合わせが難しいとされています。
    語彙の順序*: 形容詞の順序の例として、「fabulous, four, French girls」という言葉の並べ替えでは、正しい英語では “four fabulous French girls” のようになります。
  3. 例外の多さ: 英語には様々な言語から借用した単語が多く、ほぼすべての文法や綴りのルールに例外が存在します。多くの他の言語にはこのような例外が少ないため、学習者にとっては複雑に感じられることがあります。
    例外の多さ*: 英語の不規則動詞は例外の一例です。例えば、”go” の過去形は “went” となり、規則的な “-ed” の付け方とは異なります。
  4. 比喩的表現: 英語には比喩的な表現が豊富に含まれています。これらの表現は、他の言語では主に創造的な文章や概念でのみ使用されることが多いですが、英語では日常的に使われています。
    比喩的表現*: 英語の比喩表現の例としては、”It’s raining cats and dogs”(非常に激しく雨が降っている)や “cost an arm and a leg”(非常に高価である)などがあります。
  5. 発音の違い: 英語には40以上の文字の音がありますが、日本語には30未満です。これらの音に日本人が慣れていないため、特定の文字音を発音することが難しいことがあります。
    発音の違い*: 英語の “th” の音は日本語には存在しないため、これを正しく発音することは日本人にとって難しいです。例えば、”think” や “through” などの単語です。